森川製作所を知る

営業のヨシダ常務

Scroll

会社の強み

営業のヨシダ常務

– 営業職がいる町工場は強い。しかも図面まで描ける凄腕です。

精密機器の会社で取締役まで勤め、その後、森川製作所の一員になったヨシダ常務。営業職ですが図面は書けるし、先方の課題に対して提案ができる営業部長です。職人たちを指揮できるチーフプロデューサーは町工場の生産性を飛躍的に向上させました。

– オール森川で取り組む

製作所において少数精鋭は大切だと、ヨシダ常務は言う。焼き入れ、曲げ、削り、塗装、仕上げ、の全工程を森川製作所は、ぜんぶやるんです、と。部品加工の一部だけじゃない。だから、お客様にとても信頼される。感謝される。「とにかく森川製作所に相談だ!」というお客様が多い、と言う。人の優しさ、人を思いやること。社員の真摯な姿勢も強みになっている。

– 現状に絶対満足しない

「いいモノを作るんだ!」というDNAは森川会長から教わった。そして2代目の明子社長は、それをベースに自分のビジョンを現在、開花させている。「教育」の大切さを、嫌というほど知っている森川製作所。「機械は逃げない、人間は逃げていく」。「機械は嘘をつかない、人間は嘘をつく」。ヨシダ常務は毒づきながら、今日も工場内を人間観察している。「授業」は作業の合間や昼飯どきに。「モノづくり」の前に大切なのは「ヒトづくり」だ、と最後に言った。

– 精度の高いモノは墨田区製

最近、京浜地区の町工場が、よくメディアに出ている。営業部長 ヨシダ常務は、品質の基準で言えば、墨田区だって決して負けていない、と言う。製作所の数は昔に比べたら、ずいぶん減ったけど、職人のレベルは群を抜いている、と続ける。下町の良さは、オープンソースが特長。優れた技術を閉ざさないから、下町は共存共栄できる。森川製作所が墨田区から離れない理由は、こんなところにあった。

PAGE TOP